結婚の現実と今の人たちの考え方

結婚はするもの、当たり前のものであり、結婚をしないことは恥ずかしいことという風潮が以前までは強くありましたが、最近は自分らしく生きたい、好きなことをしたいという人たちが増えてきていて、結婚を早期にはしない、むしろもっと後でよいということで晩婚化が目立ってきています。以前はお見合いや親が息子や娘の結婚相手を探して決めてしまうこともあったために自由が少なかったのですが、今ではそのようなことはほとんどなくなり、自分で結婚相手を選ぶようになっていることも関係しているのかもしれません。いずれにしても結婚を先延ばしにしてじっくりと相手を見極めようという傾向が強くあっています。

一方で結婚したいのになかなかできないという人たちが多いのも確かです。30代を過ぎて40代になってしまったけど結局素敵な出会いがないし、交際していた異性は結婚するような感じではないということで悩んでしまっている人たちも多いのです。そのような状況ではなにかのアクションを起こすことが必要になりますので結婚相談所や出会い系のサイト、婚活サイトなどを頻繁に利用して異性を探すようになっている人たちも多いです。

確かに結婚して幸せになり、子供をもうけることは自然なことであり、それは喜びなのですが、今は社会が複雑になっていること、仕事のストレスが大きくなっていること、そして浮気性などの性格などもあいまって離婚と選択をしてしまうことも多く、その数は拡大しています。1度離婚をするともう2度と結婚はしなくないというネガティブな思考を持つようになってしまうことさえあります。こうしたことから今の時代は結婚に対してなかなか積極的な見方を持つことができなくなっているのです。とはいえ、世の中には男と女しかいないわけで、どこかで異性を求める気持ちが強く、一人でいることの寂しさを感じるのであり、結婚願望は多くの人が持ってはいるのです。結婚は愛し合う二人が生涯を共にしてその誓いに忠実に生きるならば幸せなものとなるのです。